情報システムの社内SEについて

情報システムの社内SEについて

社内SEとは、勤務先の社内情報システムを取り扱うIT関係のエンジニアのことを言います。

情報システム専門のITベンダーからの転職の希望も多く、求人も増えてきています。

社内SEには、業務形態の違いにより、大きく3つに分けられます。

会社内の設けられた社内情報システムの専門部門に所属する、社内情報システム部門以外の部門所属する、親会社の情報システムの開発や運用を任されている子会社に所属する、の3つです。

社内情報システムの専門部門や親会社のシステムを扱う部門は、専門性が求められるので、情報システム専門のITベンダーに勤務していた経験を生かした求人がありますが、社内情報システム部門以外の部門としては、総務部門や企画管理部門がありますが、業務の専門性が求められますので、社外からの転職には、壁があると思われます。

求められる社内SEの役割には、システムの企画や設計・パソコンやサーバやネットワーク機器などのハードウェア関係・アプリケーションソフトウェア関係・社内従業員へのヘルプデスク関係などがあります。

社内SEからITベンダーへの転職について

社内SEからITベンダーへの転職は、比較的少ないですが、たまに発生します。

従って、求人数は、少ないようです。

社内SEでは、スキルがつかないので、将来への不安から、ITベンダーで力をつけたいというニーズはあるようです。

社内での仕事は、会社の業績や経営者の考え方で、取り組んでいく範囲や仕事が大きく変わり、実現の速さと結果を求められるために、システム作業は外部への委託するケースが多く、技術的なスキルがついていかないのが現状です。

社内SEの求人とは

社内情報システムの企画やプロジェクト責任者の役割であれば、ある程度安泰ですが、予算管理程度の業務では、年齢が行くほどに、居場所がなくなってきます。

大企業の社内SEでもITベンダーへの転職者がいますが、多くは、20代後半から30代半ばのある程度スキルがある人には、求人があるようです。

現在は、社内SEのニーズは高いのですが、その地位に安住せずに、自分自身に情報システムのスキルを求める場合には、ITベンダーへの転職を考えても良いかもしれません。